引越しの見積もりを依頼するときの重要なポイント

満足のできる引越しをするためには、見積もりを依頼するだけでもさまざまな準備が必要です。きちんと準備をしておけば、正確な見積もりを効率良く得ることができます。 重要なポイントをチェックしましょう。

見積もりは複数の引越し業者に依頼しよう

引越しを引越し業者に依頼するとき、最初から1社に決めて連絡していませんか? いろいろな引越し業者に連絡・相談してから1社に絞ったほうが、お得に引っ越せるのでおすすめです。

まずはここから
安い引っ越し業者を調査!

引っ越し先の都道府県
引っ越しされる人数
大人人 子供ヘルプ

引越しの料金は引越し業者によって違う

引越し料金は、引越し業者によって違います。 例えば、余裕を持たせて大きなトラックを使う引越し業者と、荷物を詰めて少し小さなトラックを使う引越し業者では、 トラックの違いで料金に差が出ます。引越しのスタッフの人数が違いも、料金に影響します。 依頼者の引越しをどのように進めるかは、引越し業者によって違い、それによって引越し料金に違いが出るのです。 つまり、引越し業者を比較しないと、ほかの引越し業者の料金がわからないままです。引越し業者に依頼するときは、複数の業者を比較しましょう。

一括見積もりであなたに合った引越し業者を見つける

自分の引越しに適した、引越し業者を選ぶのは、意外と大変です。 TVでCMを流しているような、大手の引越し業者は、全国の引越しに対応していたり、さまざまなニーズに応えるサービスが充実しています。 しかし、県内・市内で引っ越す程度であれば、地元に精通している、料金の安い中小の引越し業者のほうが適していることも多いでしょう。

多くの引越し業者の中から、自分の引越しに対応できる業者を探して、1社1社連絡するのはとても時間がかかります。 また、せっかく見つけても、引っ越したい日がすでに予約で埋まっていることもあります。そこで役立つのが、引越しの一括見積もりサービスです。 自分の引越しの荷物の量や引越し先、引越し日などの情報を入力すれば、その引越しに対応できる引越し業者から電話やメールで連絡が届きます。 あとは、引越し業者を選んで、見積もりを依頼するだけ。引越し業者を探す手間と1社1社に連絡する手間を省くことができます。

訪問見積もりの注意点

正確な引越し料金を知るには訪問見積もりが必要。

引越しの見積もりを引越し業者に依頼すると、多くの場合「訪問見積もり」が行われます。 訪問見積もりとは、引越し業者のスタッフが依頼者のお宅に訪問して、荷物の量や引越しの内容を確認することです。訪問見積もりをすることで、正確な引越し料金の見積もりを出すことができます。 荷物の量や作業内容は人によってさまざまなので、最終的には引越し業者の確認が必要なのです。 ただし、単身者の引越しのように、荷物の量が人によってそれほど差がない場合は、電話の見積もりだけで引越し料金を見積もってくれることがあります。

訪問見積もりの前に決めておくこと

訪問見積もりでは、どのような引越しをしたいのかを引越し業者のスタッフが依頼者にヒアリングを行います。 できるだけ、訪問見積もりの前に、依頼したいことを決めておきましょう。

引越し業者に訪問見積もりで伝えること

もし、訪問見積もりのときと予定が変わってしまったときは、なるべく早く電話で伝えてください。引越し当日に、予定にない作業を依頼すると、追加料金が発生してしまいます。場合によっては、作業の依頼を受けてくれないこともあります

訪問見積もりのスケジュールを立てる

複数の引越し業者から訪問見積もりを受けるときは、それぞれの業者の訪問予定が被らないようにスケジュールを決めましょう。 訪問見積もりには、だいたい1時間ほど時間がかかります。訪問見積もりが終わらないうちに、次の引越し業者が訪ねてくることがないよう、時間に余裕を持たせておくことをおすすめします。午前中から訪問見積もりを受けたとしても、1日に対応できるのは3~4社といったところでしょう。 訪問見積もりでは、引越し業者ごとに荷物のチェックとヒアリングを受けるので、意外と大仕事です。実際に訪問見積もりを受けるのは、3~4社、多くても6社くらいが目安です。土日の2日間を使って訪問見積もりを終えられるのが効率の良いスケジュールです。

強引な契約に注意

「いま決めれば、特別料金で引っ越せます」と強引に契約を迫る引越し業者がいるかもしれません。しかし「すべての見積もりを見てから決めたい」と伝えて断りましょう。すぐに決めてしまうより、引越し業者の料金やサービス内容を比較して選んだほうが、満足のできる引越しができます。 断る自信がない人は、見積もりのとき、家族や知り合いに同席してもらうといいでしょう。

訪問見積もりのときに掃除などの準備は不要

訪問見積もりを受けるにあたって、引越し業者に伝えることをまとめる必要はありますが、それ以外の準備は必要にありません。例えば、荷物をまとめておいたり、部屋の片付けや掃除をしたりといった準備をしなくても大丈夫です。 これまでの経験から、引越し業者のスタッフは、家の中を確認するだけで荷物の総量を推測できます。もし、人が入れない場所に大きな荷物がある場合は、スタッフに伝えておきましょう。また、引越し間近の家が散らかっているのは当然のことなので、わざわざ訪問見積もりのために掃除をする必要もありません。

訪問見積もりで確認した方が良いこと

荷物の量によって、トラックの大きさや作業員の人数が変わります。もし、ほかの引越し業者とトラックの大きさが異なっていたり、 作業員の人数が違っていたりしたら、どうしてそう見積もったのかを尋ねてみましょう。 引越し業者ごとの考え方の違いがわかるので、契約する引越し業者を決めるときの判断材料になります。 また、料金が思ったより高かったときは、率直に「もう少し安くなりませんか?」と聞いてみましょう。 午後に引越しを始める「午後便」や時間指定をしない「フリー便」、ほかの人の荷物と一緒に運ぶ「混載便」など、料金が割引になるプランを紹介してもらえることがあります。

まずはここから
安い引っ越し業者を調査!

引っ越し先の都道府県
引っ越しされる人数
大人人 子供ヘルプ