引越し業者の選び方

引っ越し業者選びに何を重視する?

引越し業者選択の決め手、1位「料金の安さ」、2位「見積もり時の対応」、3位「オプションサービス」

「good-moving 引越し比較」では、サービス利用者に対し、「引越し業者を決めた理由」をアンケート調査しています。1位になったのはやはり「料金の安さ」。半数以上の人が金銭面でのメリットを重視していました。見積もり金額には差があるということを裏付ける数字とも言えるでしょう。一括見積もりをして料金比較をすることの大切さが実感できる数値になっています。

一方で引越し業者にも得意、不得意があることを忘れてはいけません。実は業者の特長が料金の安さやサービスの品質に大きく影響を与えているのです。例えば、「近距離」が得意な「地域密着型」の業者に、近場の引越しを依頼すれば、大手有名引越し業者に比べて大幅に料金が安くなることがあります。また、女性の引越しが得意な業者に依頼すれば、女性特有の悩みを無料で解決してくれたり、配慮の行き届いたオプションサービスを選択することも。

理想の引越しへの近道は、「引越し業者の得意、不得意を知った上で、料金を節約する方法を相談したり、サービスの有無を確認すること」と言えるでしょう

まずはここから
安い引っ越し業者を調査!

引っ越し先の都道府県
引っ越しされる人数
大人人 子供ヘルプ

引越し業者を選ぶポイント

引越し業者を選ぶポイントは料金とサービス

引越し業者を選ぶときのポイントは、料金とサービスです。料金だけでなく、サービスの内容についてもよく精査しましょう。 無料サービスを豊富に用意している引越し業者のほうがお得感があります。しかし、荷物を引越し先に運んでほしいだけなら、ほとんどの無料サービスは必要ないでしょう。 その場合、サービスの充実度よりも、引越し料金が安い引越し業者のほうにメリットがあります。 自分にとって必要なサービスと、それに対する料金のバランスを見ることが大切です。自分の引越しのスタイルをよく考えて、無駄なサービスがないか、料金はそれに見合っているかを比較・検討して引越し業者を選びましょう。

引越し業者への断りの電話をする

引越しを依頼する引越し業者を決めたら、訪問見積もりをしてくれた業者に断りの電話を入れましょう。見積もりの依頼だけして、そのまま無視するのはマナー違反です。 また、断りの電話は、さらに引越し料金を安くするチャンスです。断りの電話をするときに、引越し業者から「●●円に値引きできます」と値引きを提案されることがあるのです。 値引きのチャンスを無駄にしないため、計画的に断りの電話をしましょう。

断りの連絡をするときは、次の順に電話をかけましょう。もし値引きの提案があったときにも対応できます。

引越し業者へ断りの電話を入れたとき、断りにくい話し方をされることがあります。最初から契約するつもりのない引越し業者であれば、代表番号へ電話をして「別の引越し業者と契約したので、今回はキャンセルさせてくださいと●●さんにお伝えください」と伝言の形で断りを入れましょう。 料金が下がれば契約したい引越し業者は、担当者へ電話をして「別の引越し業者と契約することにしたので、今回はキャンセルさせてください」と、まだ契約自体はしていないニュアンスを感じさせましょう。 交渉の余地があると感じた場合、引越し業者の担当者から値引きの提案をされることがあります。ただし、必ず値引きしてもらえるとは限りません。

引越し業者へ引越し内容の変更、キャンセルの連絡をする

引越しをするつもりで契約したものの、引越しの内容(日時など)を変更したり、キャンセルしたりするときは、なるべく早く引越し業者の担当者に連絡をしてください。変更になる引越しの内容によっては、引越し料金が変わる可能性があります。キャンセルについては、「標準引越運送約款」に次のように定められています。

つまり、3日前までに連絡した場合、キャンセル料は発生しません。ただし、提供されたダンボールを使っていたり、サービスを利用していたりする場合は、実費を請求されることがあります。

まずはここから
安い引っ越し業者を調査!

引っ越し先の都道府県
引っ越しされる人数
大人人 子供ヘルプ