引越し繁忙期(3~4月)の料金を安くするコツ

引越しは、3~4月が繁忙期です。進学や就職、転勤などで増加する引越しのニーズに応えるため、引越し業者は、スタッフやトラックなどを揃えて備えています。そのため、引越し料金はほかの時期と比べて高めです。繁忙期の引越し料金の相場と料金を抑える方法を紹介します。

3~4月は引越し料金が高くなる

3~4月は、進学や就職、転勤などで引越しの申込みが集中する繁忙期です。この時期になると、引越し業者は大勢のスタッフやトラックを準備して、多くの引越しの依頼に対応します。そのため、引越し料金はほかの時期と比べて高くなります。

繁忙期の料金は通常期の30%以上高い

繁忙期の引越し料金は、通常期と比較すると30~50%ほど高くなるのが一般的です。しかし、繁忙期の場合は、料金の高い日でも引っ越せざるをえないこともあり、状況によっては、より高くなってしまうことがあります。特に、夫婦・カップル(2人)や家族(3人以上)の引越しは、荷物が多いため、引越し料金がかなり高くなります。

しかし、引越し後は、何かと出費がかさむため、引越し料金はできるだけ安く抑えたいところです。不用品の処分や引越し日の調整、見積もりの比較など、少しでも引越し料金を安くできる方法を試みてみましょう。

長距離の引越し料金はさらに高くなる

繁忙期の長距離引越しは、高額になりがちです。しかも、家族で引っ越す場合は、荷物の量も多いため、引越し料金がさらに高くなります。長距離によって引越し料金が高くなってしまうのは仕方ありませんが、荷物を処分するなどして、少しでも引越し料金を安くする工夫が必要です。

引越し業者の訪問見積もりを受けたときは、引越し料金を安くする方法がないか、確かめるようにしましょう。荷物を処分するにしても、効率的な処分方法についてアドバイスをもらえることがあります。

まずはここから
安い引っ越し業者を調査!

引っ越し先の都道府県
引っ越しされる人数
大人人 子供ヘルプ
  • 店舗相談・ビデオ通話相談・個別口座(全て無料)理想を叶える建築会社、ご紹介します。

繁忙期の引越し料金を安くする方法は

複数の引越し予定日を候補に挙げる

引越し業者に引越しの希望日を伝えるときは、できれば3日ほど候補を挙げてみましょう。引越し業者は、1日でできるだけ多くの引越しを行いたいと考えています。ところが、特定の日時でしか引越しができない依頼があると、1日に作業できる引越しの件数に限りがあります。そうなると、引越し料金をあまり安くしてもらえません。そこで、引越し業者の都合にあわせられるように、複数の引越し希望日を伝えるわけです。そうすれば、引越し業者から引越し料金が割安になる日を提案してもらえることがあります。

引越しの希望日が、どれも料金が安くならない日だと効果はありませんが、引越し希望日を1日しか挙げないよりは、引越し料金を安くできる可能性があります。

処分する荷物を引越し業者に相談する

処分すると引越し料金を安くできる荷物を、引越し業者に相談してみましょう。長距離の引越しは、引越し料金が数十万円になってしまうことがあります。引越しの荷物をできるだけコンパクトにして、小さなトラックで運搬できれば、数万円単位で料金を節約できる可能性があります。

荷物の処分といっても、小物をいくつか処分しただけでは、引越し料金にまったく影響しません。家具や電化製品などの大きなものを処分する必要があります。引越し業者の訪問見積もりを受けたときに、処分することで引越し料金が安くなる家具や電化製品がないか尋ねてみましょう。引越し料金が安くなった分で、新しく買い換えられるようなら、引越し先で購入してもいいでしょう。

フリー便、午後便、混載便を利用する

引越し業者が用意している、引越し料金が割引きになる、フリー便、午後便などのプランを利用しましょう。フリー便と午後便は、時間指定ができないため、引越しを終えるのが夜になってしまうかもしれませんが、その分、引越し料金が割安になります。フリー便のほうが午後便より安くなるのが一般的です。また、引越し業者によっては、引越し日も業者に任せるプランがあり、より割安になります。

長距離の引越しの場合は、ほかの人の荷物と一緒に運ぶ混載便というプランがあります。トラックが満載になるまで出発しないため、通常の引越しと比べて、荷物が届くまで時間がかかりますが、引越し料金は割安です。

引越し業者によっては、東京や大阪などの主要都市であれば、混載便を定期便で運行しています。その場合、トラックが満載になるのを待たずに出発するので、ほかの混載便より早く荷物が到着します。

早く引越しを申し込むと安くなることも

引越し業者によっては、早く引越しの申込みをすると、料金が割引きになるサービスがあります。どれくらい前に申し込めば安くなるのかは、引越し業者によって異なります。引越し先と引越し日が決まっている場合は、できるだけ早く申し込みましょう。1ヵ月前には申し込んでおきたいところです。

繁忙期は、引っ越したい日の予約が早い段階で埋まってしまうこともあります。できるだけ早く申し込むことで、希望する日程で引っ越すこともできます。

複数の引越し業者の見積もりを比較する

引越し料金は、引越し業者によって異なるので、複数社から見積もりを取って、もっとも安い料金を提示した引越し業者と契約すれば、それだけで引越し料金を安くできます。

引越し業者によって、トラックの容量や作業員に余裕を持たせたり、不要な無料サービスを削っていたりと、引越しの方法が異なります。そのため、同じ引越しでも、引越し業者によって料金が異なるのです。複数の引越し業者から見積もりを取れば、そういった違いを比較することができます。

引越しの一括見積もりを利用すれば、複数の引越し業者に連絡することなく、一度に見積もりを依頼できます。連絡のあった引越し業者から、気になる引越し業者を選んで見積もりを依頼してみましょう。

まずはここから
安い引っ越し業者を調査!

引っ越し先の都道府県
引っ越しされる人数
大人人 子供ヘルプ
  • 店舗相談・ビデオ通話相談・個別口座(全て無料)理想を叶える建築会社、ご紹介します。